日本クリードは公正性と透明性こそが、会社の長期的で持続的な成長を可能にすると信じています。すべての日本クリード関係者からの信頼に応え、その公正性と遵法性を確保する事を目的とし、 コーポレートガバナンス体制の強化に取り組んでいます。

 具体的には、コンプライアンス推進委員会による遵法性を重視した取引フローの作成、関係法令など現状に則した契約書の作成や、その改正点や留意点を周知するための社内講習会の開催、そして、 その他経営上の重要事項について議論・審査を行っています。

 また法令遵守、損出の未然防止と最小化に向けた危機管理及び、効率的な事業運営を行うことを目的に、代表取締役監視のもと内部統制システムの整備を行いました。


リスクマネジメント


さまざまなリスクについて、未然防止および発生時の影響最小化と再発防止の活動を推進し、グループ全体でのリスクマネジメントの実践と継続的改善を行っています。

日本クリードでは、「業務日報」を社員1人1人が作成し、すべての事業活動を対象にリスクマネジメント体制・制度を整備しています。 日本クリードのリスクマネジメントに関する審議を行う実務的な 協議機関として、コンプライアンス推進本部の部長や、各セグメント部長などをメンバーとする「コンプライアンス推進委員会」の中で、 リスクマネジメント体制の強化を図っています。 こうした体制 により、現場レベルでのリスクの洗い出しや改善策の立案・実施から、コンプライアンス推進委員会などでのモニタリングに至るPDCAサイクルにより、組織的なリスクマネジメント活動を推進しています。


リスクマネジメントのフレームワーク


日本クリードのコンプライアンス推進委員会は、日本クリードの各支店および各セグメント別における リスクマネジメントの状況を把握し、方針、プロセスなどを精査し指導する事によって、組織的で 継続的な改善を図っています。



リスクマネジメントのプロセス


日本クリードのコンプライアンス推進委員会は、法務管理部と定期的な連携を図りながら、事業活動に伴うリスクの抽出・分析・評価を行い、重大なリスクの状況について取締役会に報告しています。

 また、リスクが顕在化した場合に備え、対応プロセスも整備しています。各取引におけるコンプライアンス違反や不正行為の隠蔽・システムやサービスのトラブル・情報セキュリティ事故、などの重要な リスクが顕在化した場合、各担当部門は、ただちに法務管理部に報告します。法務管理部は、コンプライアンス推進本部各部や関連部門などと連携し、 対策本部を設置するなど、適切な対応によって問題の 早期解決を図るとともに、原因究明に努め、再発防止策を立案・実行します。 加えて、重大なリスクはコンプライアンス推進委員会や取締役会に報告され、随時改善を図っています。