お客様の利益を最優先に考え、
マンション経営・不動産投資を通じて


『真に価値ある社会』


の実現を掲げています。


クリードの行動指針である「日本クリード Rule」の柱でもあり企業理念でもある「ガラス張りの経営」に取り組み、社会に貢献する企業を目指しています。


クリードは、「コーポレートガバナンス」を徹底し、「お客様の利益を最優先に考える」ことを 我々の“使命”と考えています。365日、皆様の大切な資産を最大限に活用、売却、付加価値向上させる事に努めていきます。


クリードでは、「事業を通じた価値創造」に向けた具体的な取り組みとして「復興支援やボランティア」・「体操部を通じた次世代の育成」を実践しています。 価値の創造には、一過性のものではなく継続的に社会と関りを持つことが大切な事だと考えています。また、そうした姿勢が顧客のお客様との関わり方や人材の育成にも影響を与えるものだとも信じています。


クリードは、「お客様の声」に真摯に耳を傾け自己を修正する姿勢を決して忘れません。 謙虚に自己と向き合い、お客様の声を大切する事こそが、信頼に足る技術力の向上と新たなより良いサービスを創造するのだと考えています。